海外不動産投資に挑戦【気軽に利用できる】

金融機関が協力的です

男性

税務のメリットがあります

不動産投資は賃貸不動産を取得して家賃収入を得る資産運用です。自己資金で投資することができない場合であっても、金融機関が投資資金を積極的に融資をしていますので、銀行や信用金庫に相談することで投資が可能になることもあります。借入金で不動産投資をする場合には家賃収入から借入を返済して、更には金利も支払って、その残りが収益になります。金利は不動産投資における税務上の経費として処理することができます。不動産は土地と建物で構成されますが、建物は減価償却をすることができます。これは現金支出のない税務上の経費であって、利益を圧縮する税務効果があります。不動産投資のポイントは長期間の安定した賃料収入が得られることです。通常は10年以上の長期の投資になります。賃料は定期的に見直しが行われることが一般的です。賃料の水準は建物の立地や建築からの年数などの条件によって異なりますが、需給環境によっても変動します。不動産投資にはリスクも伴います。賃料水準の低下、不動産市況の悪化による不動産価格の低下なども想定されます。しかし、マイナス金利の金融環境において、金融資産で運用することに比べると高い利回りが期待できて、更に減価償却などの税務面のメリットもありますので、近年は人気が高まっています。それを可能にしているのが、金融機関の積極的な融資姿勢です。借入金利が低いことも不動産投資にとっては大きなプラス要因になります。

Copyright© 2018 海外不動産投資に挑戦【気軽に利用できる】 All Rights Reserved.